11/17

昨日は大学に行くかどうか迷って、結局行ったのだが、休講だった。書籍部で本を受け取り、重い荷物をひきずりながら渋谷をダラダラと歩いた。いろいろとしょうもない。

11/14

気分はいい。

YouTube満島ひかりが台湾だか香港だかで踊っているMVを観て、鳥肌がたったり、雨宮まみ「東京を生きる」の冒頭を読んで、胸が詰まったりした。

(自分が)何か良いものに触れて、身体-感情的に反応する、ということ自体に享楽を感じるし、嬉しい。よく生きているという感じがする。

日記(11.13)

  • 新しいコートを買って、髪も切って、気分がいい。
  • 若者(学生)の特権。第一に、不機嫌でいること。第二に、ダラダラすること。

-----

  • 困難は分割せよ。

引用集

引用集

  • Keep cool, but care
  • 感心されるのではなく、愛されるように努めよ

 

-----

歯医者に行かなくては。

 

日記(10.23)

今日は、途中までは調子がよかった。

本が読めない。

自己啓発の時代』と『快感回路』を、それぞれ少しずつ読んだ。本当に少しだが。

明日はゼミ発表の準備を少しでもすすめたい。

日記(10.22)

 

今日はゼミの発表の案を練ろうとして、いろいろと読んでみたが、結局何にも集中できなかった。とにかく英語が読めないし、知らない単語や意味のとれない文に突き当たっては気が散って、三十分浪費して戻って、というのを繰り返して、成果はゼロ。

明日からまた上機嫌でやっていきたい。自分の機嫌をとる傾向性を涵養すること。

新しい環境では、卑屈なことは言わないようにしよう。

 

今日の食事:

スパゲティを200gと、米一合。前者はトマト缶(ニンニク・玉ねぎ)、後者はごま・塩・のり。あと缶コーヒー。

おかずを買いに行きたかったが、台風だった。

The School of Life, "How We Lie to Ourselves"

www.youtube.com

 

The School of Life, "How We Lie to Ourselves" より。

 

  A major obstacle to self-knowledge, and in turn, to a flourishing life, is our tendency to lie to ourselves. We lie for a very understandable reason; because we want to avoid pain.

  There are four things we particularly like to lie to ourselves about:

  1. Things we need to change about our lives.
  2. Things that might disturb our self-image.
  3. Things we badly want and can't have.
  4. Things we are angry with others about but don't dare to express.

  Here are some of the leading manoeuvres we employ to kid ourselves.

 

1. addiction 

  We identify something that can powerfully keep our thoughts away from troubling inner confrontations. Often, we don't so much like what distracts us in and of itself; we get attached because of its ability to keep us away from what we fear. 

 

2. Manic Cheeriness

  A sadness we haven't been able to admit to is often covered up with exaggerated doses of manic cheeriness. We aren't happy so much as incapable of allowing ourselves to feel even the slightest sadness, in case we were to be overwhelmed by our troubling feelings.

 

3. Denigration

  We tell ourselves that we simply don't care about something - not because that's true, but because we can't have it.

 

4. Censoriousness

  We can often grow censorious and disapproving of certain people and behaviours to ward off an awareness that a part of us in fact really likes the condemned element. When our feelings get tricky, we attack them in someone else.

 

5. Defensiveness

  Feeling offended takes up all our attention. It muddies the waters. When we are defensive, we no longer pay attention to information that may - at its heart - be correct but challenging. The problem with lying to ourselves is that in so doing, we miss out on key opportunities for growth. The things we're in denial about are painful, but usually also contain crucial material that's vital to our overall development.

 

  If we could face up to our stranger thoughts, needs and desires, we'd learn to navigate more freely in our minds and our honesty would render us more creative, interesting and pleasant to be around.

 

-----

 自分の行動が、自覚していない動機によって(少なくとも部分的に)決定されている、ということに対して自覚的であること。汝自身を知ることが困難であり、かつ重要であること。そして、自分がこの種の助言を必要としていればしているほど、この種の助言に耳を傾けることを拒否する傾向をもつかもしれないということ。

 自己知が自己制御(ひいては自由)の要件であるということ。知らないものは制御できない。